お金借りる方法は限られているから

今までお金が足りなくなると親から借りていたのですが、度々借りていたら、さすがに不愉快に思われたらしく、しかめっ面をされてしまいました。
借りたお金は返していたのですが、親とはいえあまり何度も頼むものではありませんね。

1万円や2万円お金借りるだけで悪い印象を持たれるなら、金融機関からお金を借りた方がいいかもしれません。
しかし、今まで利用したことがなかったので知らなかったのですが、職業が不安定ですとなかなかお金を貸してくれないのですね。

勤務先に固定電話がないと在籍確認できないと言われたり、転職活動中は無職だから申込みできなかったりと、なかなか審査が難しかったです。
自分の中では、ギャンブル中毒のおじさんにも簡単にお金を貸してくれるのが消費者金融だと思っていましたから、働き盛りの自分だったら楽勝だろう、と思っていました。

でも、消費者金融の審査は昔ほど単純ではなく、金利が低くなった分ある程度の信用を求められるとか。
そこで色々なサイトを見て、自分の信用を高めることにしました。

たとえば、IP電話を導入して固定電話の代わりにしたり、クレジットカードを使って商品を分割払いで購入し、クレジットヒストリーを作ったり、利用目的を「生活費」ではなく「趣味」にしたり。
もちろん、無職ではない状態で申し込みました。

些細な工夫ですが、それだけで結構信用が上がるものですね。
消費者金融の審査だったらほぼ確実に通るようになりました。

買い物とかはクレジットカードを使えるけど、飲み屋で後輩に奢ったり、タクシーを利用したりする時はやっぱり現金が必要です。
女の子と遊びに行く時も、財布の中が空だと笑われますので、現金を借りられる消費者金融があると安心できます。

お金借りる方法は限られているので、これからも自分の信用を上げて確実に借りられるようにしておきたいですね。
親からも最近「お金貸してって言わなくなったね」と褒められました。

やっぱりお金借りるなら金融機関ですね。
即日でお金借りることは可能か

アコム会員のメリットと個人情報の管理

名前を聞けば誰でも知っているアコムは、日本を代表する一流の消費者金融の一つです。
そのアコムは、インターネットで申し込み手続きをすると、自動的にアコム会員になれます。

会員になればアコムのサイトにログインできるようになり、ネットでの簡単なキャッシングをはじめとして、様々な便利なサービスを受けられるようになります。
私が特に大きなメリットだと感じたのは、やはり24時間365日いつでも借り入れと返済ができることです。

それにネットなら、いちいちカードを用意しなくても大丈夫ですし、手数料も全て無料で利用できるのです。
このようなメリットだけでも、会員になっておく価値は充分にあります。

もちろん、ネットで借金の管理も楽になりますし、残高期日や利用明細の照会も、各種変更の手続きも簡単です。
ですからキャッシングの利用計画も返済計画も、きちんと立てられるようになるのです。

ただし、暗証番号などの個人情報の管理は極めて重要です。
ですからアコム会員になってサイトを活用する際には、その管理には細心の注意が必要です。

もしも個人情報が他に漏れてしまえばら、犯罪被害に遭う危険も生じます。
アコムのサイトにはフリーコールも備えられていますので、何かあったらすぐに電話すべきです。

キャッシングを始めるきっかけ

給料日前になるとお金が足りなくなるのは良くあることです。
若いときにはご飯などを抜いて何とか切り抜けるということもできましたが、年齢を重ねるにつれて、こうした食事を抜いてお金を節約するのは身体にも良くないですし、仕事にも支障が出てきてしまうのであまりオススメできることではありません。

そういう意味でも大人になったら、キャッシングをしてお金を借りる方がスマートだといえるでしょう。
しかしながら、キャッシングを利用したことがない人もいるかと思います。

そして、どうやって申し込みをするのか分からないということも利用のハードルを上げる要因です。
今のキャッシングは非常に簡単に申し込みができますし、その日のうちにお金を融資してもらえたりします。

昔のようにFAXや郵送などで個人を証明する書類などを送ることも必要なく、携帯の写真を使ってデータを送るだけで受理されるなど利便性が非常に上がっています。
それでもキャッシングを利用するためだけに申し込みをするのは面倒という人なら、クレジットカードを作るという方法もあります。

いま世の中に流通しているほとんどのクレジットカードには、キャッシング機能が付帯していますし、キャッシング専用のカードとサービス内容は一緒なので安心して利用できます。

消費者金融からの借金の放置

消費者金融からの借金の返済をいつまでも放置していると、消費者金融は裁判所に督促を申し立てることになり、裁判所から「支払督促申立書」が自宅に送られてきます。
支払督促申立書というのは簡単に言うと、法の下に支払計画を立て直すことを要求する書類のことです。

なお、支払督促申立書と一緒に「異議申立て書」という書類も同封されてきます。
「何かの間違い」、「一括返済は無理」という時にはこの申立書を使って異議申立てをします。

この書類に「異議あり」と書いて提出すると訴訟に移り、裁判所において債務における話し合いをすることになります。
訴訟になると、「訴状」や「口頭弁論期日呼び出し状」、「答弁書」などの書類が裁判所から届きます。

訴状というのは債権者の訴えの内容です。
一般的に、「○○円の借金を○○カ月も滞納していることにより期限の利益が無くなったので、一括返済を請求します」、と書かれています。

口頭弁論期日呼び出し状というのは出廷日時の案内です。
答弁書には、「毎月1万円ずつ払います」など被告の希望することを記載します。

そして、法廷での口頭弁論は事実確認程度なので5分くらいで終わり、分割払いなど、今後の支払い計画を立て直す場合は司法委員と債務者と消費者金融が別室で話し合うことになります。